コナミ鮮魚店

働き方紹介の第5弾は「コナミ鮮魚店」!

内之浦で約60年にわたり愛されているお魚屋さんにお邪魔しました!

現在の店主は3代目の元気なお兄さんです。
朝10時頃に伺うと、お客さんと店主の活きのいい声が飛び交ってとても賑やかでした。

コナミ鮮魚の風景2
次から次へとお客さんが来ていました

コナミ鮮魚の魅力を鹿屋から来られていたお客さんに尋ねると、感じのいい店主とのやり取りが楽しくてまた来たくなるとのことです。
私も先日のバレー大会で店主と一緒のチームでして、納得の好青年です!
(ずっと仲良くしてください!〈心の声〉)
個人経営では人柄って本当に大事なんだなと実感します。

店主にお話を伺いますと、全国の地方と同じく内之浦も人口が減少しているため、色々な工夫をされていました。

店主のスケジュールは、早朝から準備して配達し、そのまま市場に向かい、9時頃には戻って開店、昼までには大方を売り切って、午後からは鹿屋など遠くまで再度配達に向かうなど、配達の比率を増やされているようです。
また、魚そのままの販売だけでなく要望に合わせてその場で魚を捌いて提供したり、真空パックの装置を導入して遠くのお客さんにも発送できるようにされてました。

時代に合わせて経営スタイルを変え、愛されるお店を続けておられます。

なお、「コナミ」という名前の由来は、初代の奥様の名前なんですね。

コナミ鮮魚_アイキャッチ
初代の奥様「コナミ」さん

奥さんの名がついたお店を開き、孫の代まで地域に愛され続けているという自営業の理想のような形で、思わずジーンときてしまいます。
苦労はあるようですが、先代も含めた店主やその家族のたゆまぬ努力に脱帽です!

今回は内之浦からお届けしました!
最後までお読みいただき、ありがとうございます!!
コナミ鮮魚店さん、ご協力ありがとうございました!!!

<よし>

広告

One Reply to “コナミ鮮魚店”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中