宇宙へ!SS−520 4号機 その後

こんにちは、みわちゃんです。1月15日午前8時33分に打ち上げられた、SS−520 4号機。画期的な実験に挑み、打ち上げ後高度190kmの宇宙空間まで飛翔しました。全国の皆さんに夢を与えてくれたSS−520 4号機と、搭載された衛星「TRICOM-1」についてレポートします。

 

打ち上げ日の1月15日は日曜ということもあり、肝付町の宮原ロケット見学場は、およそ1,000人の見学客で賑わいました。

心配された風、天気も良好。SS−520 4号機は、予定通りの8時33分、青空を突っ切るかのように力強く打ち上がっていきました。

image

わずか10m弱という、小型の観測ロケットに衛星を乗せ打ち上げる世界初の試み。今回の機体および衛星には、民生品(身近にある携帯電話や家電製品でも使用されている電子部品)を使用していました。

image

ぐんぐん高度を上げ、遠ざかるSS−520 4号機。ロケット見学場では、拍手や歓声が聞こえました。見学客の皆さんは、ロケット雲が見えなくなるまで見守ります。

image
大勢の見学客が、打ち上げの成功を祈ります。

当日はやねちゃん隊員率いるSNSパネル隊をはじめ、肝付町観光協会、きもつき宇宙協議会もブースを出店しており、たくさんの方々に「成功おめでとう」と声をかけて頂きました。

 

しかしその一方、打ち上げ後20秒で、突然SS−520 4号機からデータが届かなくなるというトラブルが起こっていたのです。

復旧を試みたものの、依然データは受信できず。安全の為第2段以降のシーケンスは行わず、第2段の点火を中止しました。機体と衛星は、内之浦南東海上の予定落下地点に落下したことが確認されています。

image

会見で記者からの質問に答える、実験主任の羽生宏人さん。

羽生さんは、矢継ぎ早に質問する記者達に対し慎重に答えながらも、悔しさを滲ませていました。

失敗の原因は、現在調査中とした上で、「大変難しい開発だったが、発射に至るまでの技術は実証できた。小型ロケットの方向性は失いたくない。十分な検証をして原因を究明したい。」と思いを語られました。

また衛星代表として会見に出席した東京大学の中須賀真一教授は、「民生品の信頼性は実証されている。失敗を恐れては何もできない。継続的に取り組む事が大事。」と、今回の実験を評価されていました。

搭載衛星「TRICOM-1」は打ち上げ後分離する予定だった時刻にデータを送信しており、ロケットから分離した後厳しい状況のなかでも、しっかりと動作していた事が窺い知れます。

民生品の活用については、衛星搭載のため追加した第3段を中心に導入されており、データを送るテレメトリ機器については、既存の観測ロケットに使用されている従来品を使っていました。

今後の小型ロケット、超小型衛星開発市場に一石を投じた、SS−520 4号機の打ち上げに、宇宙開発の最先端をいく可能性を感じました。きっと世界中の方々が小さな機体に大きな勇気を貰った事と思います。

image

宇宙を目指した痕跡。黒く焦げたランチャーに見る事が出来ます。

0115%ef%bc%89ss-520-4-0833-%e6%89%93%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%92

やねちゃんこと田中隊員が実施した、SNSパネルの撮影会。SNSの画面にそっくりなオリジナルパネルには、SS−520 4号機のイラストが。参加して下さった見学客の皆さん、良い笑顔ですね!打ち上げ記念に大好評だったようです。はやぶさめくんも混じっているようですね。何人見つけられるかな?

image

恥ずかしがり屋のはやぶさめくんが、遊びに来てくれました。特技は恋ダンスとのこと。はやぶさめくんがいる間は、よっちゃん隊員の姿が見えませんでした。どこに行っていたのでしょうか。

実験には失敗がつきもの。今回の打ち上げで得られた技術の実証やノウハウの蓄積を通して、さらなる可能性が広がっていくことでしょう。引き続き応援よろしくお願いします!(*^^*)

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中