ゴルフと豆まきとカレーでほっこり。大浦訪問!

やねでーす。
2月4日、毎年恒例の大浦訪問イベントに参加!
グラウンドゴルフと豆まきとカレーで、大浦集落を満喫してまいりました。

肝付町市街地から車で約2時間かかる、町内最南端の振興会。
四方を奥深い山と雄大な太平洋に囲われた、小さな集落です。

今回は主催の町教育委員会と、女性会や長寿大学、内之浦と岸良の小中学生とその保護者のみなさんとで、旧大浦小中学校の校舎にお邪魔しました。

実はほかにも、大浦には町内外からの人の出入りが結構あるのです。
鹿児島市方面から実地研修に訪れる福祉系学部の学生やまちづくり団体、サルの調査団、釣り人たち…。

大浦の人口は11人。
最年少は72歳(!)、最高齢は96歳(!?)。
集落内に店舗はなく、医療機関からも遠い土地ではあるけれど、生まれ育った大好きなふるさとで最期まで暮らしたい――。

大浦のみなさんのそんな素朴で強い想いと笑顔が素敵だからこそ、色々な人をひきつけてやまないのかもしれません。

グラウンドゴルフで身も心もあたたまり、前日の節分にちなんで豆まきをしたら、待ちに待ったお昼ごはん!

内之浦で仕込んできたカレーに、蒸し器で温めたふわっふわのつけ揚げ。
大浦名物の手作り梅干しにたくあん。
デザートは、これまた大浦名物のサネン葉だんごと、お土産の黒糖ふくれ菓子!

ランチのあとは、校舎とその周りを子どもたちと一緒に探検!
校舎のそばに建つ八幡神社を走り回りました。

最後に子どもたちから大浦のみなさんへ、今日のおもてなしのお礼の贈り物を贈呈。
「また遊びに来てね」
「うん、また来る!」

私は去年の10月ぶりに大浦へ行きましたが、「あらっ、あやねちゃんじゃないの! めずらしいが!(^o^)」といつも変わらない笑顔でむかえてくれるみなさんに会うと、気持ちがほっこりするんです。

今回も、ほっこりをありがとうございました(o^ω^o)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中