イプシロンロケット3号機成功!宮原ロケット見学場の様子

こんにちは、みわちゃんです。

2018年1月18日(木)6時6分11秒、肝付町 内之浦宇宙空間観測所から高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)を搭載したイプシロンロケット3号機が打ち上げられました!(^^)

射点から2.8㎞の距離にある宮原ロケット見学場には、町内外からおよそ500人の見学客か集まり、打ち上げを応援してくださいました。

物販コーナーでは、地域おこし団体「内之浦創星会」のオリジナルフード、イカ入り魚肉ソーセージのイカシロンが大人気!内之浦の名物ですね♪^_^

 

肝付町観光協会ブースでパチリ。やねちゃんこと田中隊員がデザインを手がけた可愛いオリジナルグッズが勢ぞろい♪(^^)ちゃっかり狙っていたマフラータオルなど数点を購入しました!

img_7940.jpg

 

イプシロンロケット3号機をイメージしたオレンジカラーのステッカーセットや、新商品のミラー等を販売したきもつき宇宙協議会。燃焼実験のDVDやロケット同人誌など、ロケットマニアにはたまらない、コアな商品も販売されました^^

IMG_7944

 

見学場内の芝生広場では、都城市の「たちばな天文台」蓑部台長による星空観測会がおこなわれました。望遠鏡で、夜空の星や打ち上げ前のイプシロンを観測する見学者が集い、歓声を上げていました。

総合案内をつとめるのは、美声で知られるかずちゃんこと春日井隊員。「打上げ10分前…」のアナウンスが流れます。照明が落とされ、いよいよ打ち上げ時間に!

IMG_7946

イプシロンロケット3号機、リフトオフ!! 見学客の歓声の中、まばゆい光と轟音を響かせ、イプシロンロケット3号機が宇宙へと飛び立ちます。

光の軌跡を描き、一段切り離し後いったん見えなくなるイプシロン。しかし打ち上げ後2分45秒が経過し2段目に点火した時、思わず見とれてしまうほどの、幻想的な光景が広がりました。

IMG_7905
宮原ロケット見学場で撮影された、ロケット雲の様子(蓑部樹生様撮影)

 

ロケットのガスや水蒸気が、高度約200㎞の太陽の光を受けて、大きなほうき星のように輝いています(^^)まるで天使の羽みたいですね!

さらに20分ほど経過した頃には、朝焼けの中で虹色にゆらめく夜光雲に変化し、全国的にも「イプシロンの忘れ物」「天使の羽衣」などと呼ばれ、話題になりました。

IMG_7947

その後も、イプシロンロケット3号機は正常に飛行し、打ち上げから約52分35秒後にASNARO-2を分離、打ち上げは無事成功しました。

 

ホッとされたのか、打ち上げ後の会見で笑顔を見せていた井元隆行プロジェクトマネージャ。「打ち上げ実績を着実に積み上げていきたい。」と、次号機への意欲を語ってくださいました(^^)

img_7939.jpg

見事、ASNARO-2を軌道にのせたイプシロンロケット3号機。打ち上げ成功おめでとうございます!!

関係者の皆さま、肝付町の皆さま、たいへんお疲れさまでした!!

 

≪みわ≫

加藤まるカラー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中